講座現代経済学批判 現代経済学と現代

現代経済学と現代 講座現代経済学批判

Add: oxobis43 - Date: 2020-12-01 04:26:39 - Views: 7677 - Clicks: 8430

現代貨幣理論とは、簡単に言うと「国債をいくらでも発行して良い」という理論です。 国債は国の借金です。つまり「国はいくらでも借金したら良いじゃないか」という大胆な理論です。 といった議論が良くされていますが、そのような議論を全て無視する大胆な理論だというわけです。. 高校講座home >> 現代社会 >> 第29回 国際経済のしくみと動向 貿易と外国為替 ; 現代社会. 0%前後が望ましいとされています。 インフレとデフレについて詳しく知りたい方は下記のリンクで解説しています。.

労働学校の経済学講座は、毎月一回程度、YouTubeライブにて開催します。 過去の講座に参加していない方でもぜひご参加ください! テーマ「現代における投下労働価値概念の意義」. 名著『倫理学ノート』(講談社学術文庫)の冒頭に、清水幾太郎は「二十世紀の倫理学はG・E・ムアの『倫理学原理』というエクセントリックな書物から始まっている。始まっているだけでなく、現代の倫理学の大部分が、この書物の解説で成り立っていると言えるであろう」と書き記してる. 経済経営学専攻は、経済学、経営学の基礎的研究教育を行う「経済基盤講座」「経営基盤講座」、その基礎の上で応用的研究教育を行う「現代経済講座」、「システム科学講座」「現代経営講座」、政策科学的手法をとって実践的な研究教育を行う「医療福祉講座」「地域政策講座.

賃金を据え置きで労働時間を伸ばすと、労働者の不満が高まるし、そもそも伸ばせる労働時間には上限がある。それなら、「労働時間はそのままで賃金を下げればいいんだ!」ということになります。このようなアプローチを「相対的剰余価値生産」と言います。 もちろん、今のままで急に賃金を下げたら、労働者の労働意欲が下がってしまいますから、生産量が減ってしまうでしょうし、相対的剰余価値は増えません。労働者だって、賃金が下がったら生活費が賄えなくなるかもしれませんし、そもそも 「今までどおりに働いてるのに、給料を下げるのはおかしい!」 と言って怒るでしょう。 では、労働時間を増やさずに、10人で1日に1500個のパンを作るためには、どうすればいいのでしょう? 解決策は「生産性を上げる」ことです。今までは10人で同時に同じ作業をしていたなら、それを流れ作業にすれば生産性は上がります。(全員で小麦粉をこねて、同時にタネを寝かせて、同時にオーブンで焼くのはムダなので、こねる担当・焼く担当の分業にするのです) もしくは、今よりも大きなオーブンを使って焼けば、一度にたくさんのパンを焼くことができるようになります。剰余価値が増えるなら、資本家も大きなオーブンを買おうと思うはずです。 しかも、商品の生産性が上がるということは、パン1個あたりの労働量が減るということですから、商品の交換価値が低くなります。つまり、売っているパンの値段が安くなるということです。それならば、労働者はある程度賃金が安くなっても、生活には困らないということになりますよね? つまり、社会全体の生産性が上がれば、社会全体の平均賃金が下がったとしても、生活には困らなくなるのです。 Sponsored Link. 年度に放送した「nhk高校講座」の再放送です。 全科目・全回を各1回、年10月から年9月までの期間放送します。. MMTの理論の適用は、いくつかの条件が示されています。 つまり、MMTは、自国通貨を自国の中央銀行が発行できるのであれば、いくら政府赤字が膨らんでも、新たな通貨を発行して払えば良いと考えます。 また、政府が支出を増やすことで、過度なインフレに陥らなければ、借金をし続けて構わないとしています。 つまり、今の日本は、政府支出を増やし続けていますが、インフレ率2%に到達していないので、全く問題ないと考えます。. ーとくに日本における「批判」に関連してー「近代経済学批判」にかんする覚え書き 関 疸 義 はしがき 「近代経済学批判」にかんする覚え書き 一〇五わが国についていうかぎり、ふつう「近代経済学批判」という言葉で一般にしられているだけで、それはたんなる学に独占資本の浸透を許す. Amazonで日本経済新聞社, 日経=, 日本経済新聞=の経済学 名著と現代。アマゾンならポイント還元本が多数。日本経済新聞社, 日経=, 日本経済新聞=作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. そこで、交換価値をどうやって計るかが問題になります。例えば「重さ」で比べるのは適切ではないですよね。パンと鉛筆の重さ同じでも、交換価値が同じとは限りませんから。 マルクスは、商品の価値はその商品を生産するために投入された労働量によって決まると説明(厳密には、商品個別の労働量ではなく、社会全体での平均労働量)しています。1人の労働者が1日で生産するパンの量が100個で、1人の労働者が1日で鉛筆を100本製造する場合、1個のパンと1本の鉛筆の交換価値が等しいと言えます。 このように、商品の価値が労働量によって決まるという考え方を「労働価値説」と言います。 ※ただし、労働価値説は商品同士にある全体としての需要の差は考えません。例えば、鉛筆を欲しい人は100人いるけど、パンを欲しい人は50人であった場合、鉛筆の方が価値が高いと言えますよね。しかし、労働価値説ではそこは考慮されないのです。. そもそも経済学は「何のための学問」なのでしょうか。 それは「社会の資源の最適な分配」を考え「全体として豊かになる」ためにどうすれば良いか考える学問だと言えます。 古典経済学から近代経済学まで一貫して、貫かれているテーマがあります。それは「資源の分配」についてです。 例えば、アダム・スミスは「見えざる手」のよって需要と供給が最適につりあうには、どうすれば良いか研究しています。そして、このテーマは現在まで一貫しています。 経済学は「お金持ちになるための学問」と考えがちですが、決してそうではありません。ちなみに、経済学者の多くは経済的に非常に苦しんでいる人が多いんですね。.

現代主流派マクロ経済学批判の一視覚 鍋島直樹 ・ニューコンセンサスマクロ経済学の基本モデルは総需要方程式、フィリップス曲線、金融政策ルールを記述する方程式の3つで表せる。 先に、各経済変数を説明すると、以下のようになる。. 村上 泰亮(むらかみ やすすけ、1931年 2月27日 - 1993年 7月1日 )は、日本の経済学者、元東京大学 教授。 専門は理論経済学。 経済学博士(東京大学、1961年)。. 1 形態: 243p ; 20cm 著者名: 小宮, 隆太郎(1928-) 書誌ID: BN02857135. See full list on zatugakumao. 経済学(人文、社会 本、雑誌)の新品・未使用品・中古品なら、ヤフオク!

山田喜志夫『講座現代経済学批判現代経済学と現代 3巻』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. ジョーン・ロビンソン『現代経済学』の解剖 : 批判的コメンタール 資料種別: 図書 責任表示: 小宮隆太郎著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本経済新聞社, 1979. ゲンダイ ケイザイガク エンシュウ コウザ. コウザ ゲンダイ ケイザイガク ヒハン. 経済学関連科目(経済学Ⅰ、Ⅱ)を履修するうえで必要となる経済の基礎知識を身につけるための講義です。ミクロ経済理論とマクロ経済理論の導入、経済学の歴史、消費者や企業の行動、市場のメカニズムなど、経済学の基礎となる知識や理論を. ミクロ経済学では、人は「必ず合理的に意思決定ができる」という前提があります。 つまり、人はどの商品を購入するのか決定する際に、必ず効用を最大化する意思決定ができるという前提があります。 例えば、「赤く熟したリンゴ」と、「青い熟していないリンゴ」があった場合、必ず赤いリンゴを選びます。しかし、世の中の意思決定はここまで単純ではありません。より複雑な状況に直面した際には、近代経済学では説明ができないものがあります。 そのような複雑な意思決定を「ゲーム理論」によって分析を行いました。ゲーム理論の代表例として囚人のジレンマがあります。 囚人のジレンマとは、ある犯罪で捕まった容疑者2人が意思疎通のできない別の部屋で尋問される状況を考えます。 この2人が取れる選択肢は の2つのみです。この2つの選択によって2人が受ける罰が異なります。 この場合、2人の容疑者はどのような選択を取るのでしょうか? 全体でもっとも刑が軽くなるのは、2人とも黙秘した場合の「お互い2年の懲役」です。しかし、自分の利益を優先して、自白するを選んだ場合は、「お互い懲役5年」となります。 このような状況下で人は効用を最大化する意思決定ができるのでしょうか? 詳しくは下記のリンクで解説していますが、このような複雑な状況が世の中に溢れているのではないか?として近代経済学の限界がささやかれ始めます。. MMT(現代貨幣理論)は、とんでもない理論だと言われていますが、ケインズ経済学をより拡大した理論だと言えます。 MMTの大きな欠陥としては、中央銀行は、新規通貨を発行して国債を購入することは禁止されているという点です。MMTを擁護する人が主張する、国債は中央銀行が印刷して購入するからデフォルトすることがないという理屈は、誤っているということです。しかし、あくまで現在の法律上、MMTは有効ではないと、この記事では主張するにとどめておきます。 ちなみにブリッジ・ウォーターアソシエイツの代表であり著名な投資家であるレイ・ダリオは、政府がMMTへと向かうことは「避けられない」と述べています。下記のリンクで詳しく解説しています。 中央銀行から借金という形で政府が支出を増やす、監視し合うことで、正しい政策を取ることができるという「監視型システム自体」が、もしかしたら最適ではないのかもしれません。下記リンクにて中央銀行の仕組みは詳しく解説しています。. 経済学は、なぜ人間の生から乖離し、人間の幸福にはまったく役立たなくなってしまったのか? 経済学の堕落の跡をたどると同時にその再生の.

古典経済学は「アダム・スミス」によって始まりました。アダム・スミスは経済学の父とも呼ばれています。 彼が書いた「国富論」はあの有名な「見えざる手」という言葉が記載されている本です。 アダム・スミスの考え方は、簡単にいうと、人々は「利己的に」「自分勝手に」生産と消費をしているけれど、最適な価格に「見えざる手」によって調整されるのだと説きました。 例えば、近所の果物屋さんが「りんご」を200円で売っていたとします。しかし、それでは全然売れなかった。よくよく調べてみると、隣町の果物屋さんでは同じ「りんご」を180円で売っていた。これではよくないと考えて、慌てて150円にしました。めでたく売ることができたとします。 この八百屋さんは、果たしてお客さんのことを考えて、お客さんのために値下げを行ったのでしょうか? 違います。果物屋さんは「りんご」が売れないと利益が出ないから安売りしただけです。つまり自分が稼ぎたいから利己心によって値段を下げたわけです。 つまり、モノの値段も利己心によって、自然と決まっていくはずだと考えたわけです。. MMTは、経済学の大きな流れから見ればケインズ経済学を乱暴にしたものと言えます。 とんでもない理論のようにも見えますが、多くの点ではケインズ経済学と似ています。 ただし大きく異なる点は、ハイパーインフレにならない限りにおいて、政府はいくらでも借金をして良いという部分です。 政府が借金しても良い理由としては、自国通貨を発行できる、自国の中央銀行を持つ国は、万が一の場合は、新たな通貨を発行して、国債を買えば良いと考えているからです。 しかし、ここには大きな誤りが存在します。 三井住友DSアセットマネジメントの記事にもあるように、国債を直接、中央銀行が購入して、マーケットのお金の量を増やすことは財政法第5条で日本では禁止されています。 財政ファイナンスと呼ばれるこの方法は、アメリカでも議論されていますが、この方法が認められない限りにおいては、MMTの実現は困難です。 つまり、国債の購入は民間銀行によって行われますし、中央銀行は民間銀行の国債を買い取ることしかできません。 民間銀行の国債購入は、皆さんの貯蓄によって行われることになるので、政府があまりに借金を拡大していけば、金利が上昇せざるを得なくなるわけです。. 講座情報 現代経済学(’19) Contemporary Economics (&39;19) 【主任講師】 依田 高典(京都大学大学院教授) 【教材・資料】 ・インターネット視聴 講義概要 現代の経済学の内容と歴史を アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞(いわゆるノーベル経済学賞)の歴史を 振り返. アダム・スミスと古典派経済学 ― スミス以前の経済観とスミスの経済観を比較することで、現代の経済学の根本にある考え方を解説します。 第3回 11/4(水)19:00-20:30. See full list on vicryptopix. ところが、現実のパン屋さんの経済活動を見ると、1人の労働者が1日に100個のパンを作っても、労働者はパン100個分の賃金をもらえません。それは、パン屋さんの社長(資本家)の取り分が必要だからです。(個人営業のパン屋さんなら、社長が店長で従業員ですから、自分で働いた稼ぎが自分の賃金になりますが、ここで言っているのは〇〇製パンのような大きな会社のことです) パン工場に10人の労働者がいて、1日に1000個のパンを製造したとしても、労働者に配分される賃金はパン900個分だったり、700個分だったりします。この、残りの100個分や300個分のパンが生み出す儲けが社長(資本家)のための儲けとなりますので、この儲けの部分を「剰余価値」と名付けました。 資本家としては、この剰余価値を大きくしたいのです。資本家がパン工場に投資しているのは、パンを作りたいからという訳ではなく、「儲けたいから」というのが第一の目的であり、モチベーションとなっているのです。(もちろん、パンが好きだから経営している人も多いのですが). 政府が積極的に借金をして、財政政策を行えば景気が良くなります。つまり「インフレ」になります。 政府が定める物価上昇の目標は2. 『現代アメリカ経済学:その栄光と苦悩』(岩波書店 1992年) 『現代経済学の生誕』(名古屋大学出版会 1992年) 『現代経済学講義』(筑摩書房 1994年) 『現代の経済学:ケインズ主義の再検討』(講談社学術文庫 1994年).

不況を乗り越えるための学問としてケインズ的なマクロ経済学が主流となりました。いわば「大きな政府」が積極的に借金をして、公共支出を増やし、市場に介入することによって経済を刺激する方法です。 しかし、このやり方に対して異議を唱え続ける立場の人がいました。オーストリア学派やシカゴ学派などとして知られる経済学の立場の人です。 彼らの考え方の根本にあるのは、政府が市場に介入することによって、「自由」が奪われているという哲学です。政府はあまり介入せずに「自由競争」に任せることが、人々の自由を拡大することができると考えます。 代表的な人物で、最も大きな影響を与えた人物の一人として「フリードリヒ・ハイエク」と呼ばれる人物が存在します。彼の著書「隷属への道」は、「社会主義」を批判し、「自由主義」の利点を述べる名著です。. 今年の夏、8月25日の教育再生実行会議で、少人数学級実現の必要性が議論された。文部科学省の試算によれば、児童・生徒数の自然減に対し現状の教員数を維持しながら教員5万人の実質的な増員を行うことにより、現行の40. Amazonで小澤 勝徳の現代の形而上学 新古典派経済学の批判。アマゾンならポイント還元本が多数。小澤 勝徳作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. マルクスは「資本主義」は格差を生み社会が崩壊すると説きましたが、一方で、ケインズは「資本主義」においても、政府が積極的に経済に介入することで、持続可能であると説きました。(ちなみにケインズは新古典派経済学を築いた「マーシャル」の教え子です) つまり国は、不景気の時は積極的に借金をして、公共事業に支出し、雇用を生み出します。雇用が生まれれば、国民の給与が上がりますから、税収入が増えます。その増えた税収入で借金を返せばいいと考えました。 エジプトのピラミッドは、国王の墓ではなく景気対策だったとの説が近年有力になってきました。ピラミットを公共事業として行うことで国民の仕事が増え、消費が促され、税収入を増やす。ケインズは、ピラミッドと同じように、不景気の時は、国が借金をしてでも公共事業を増やして、国民の所得を増やすべきだと考えた革命的な人物でした。. -マルクス経済学を現代における経済学のもろもろの流れの基幹的な部分として位置づけ、その資本主義批判および経済学批判の精神を受け継ぎます -経済学における理論と方法の多様性を尊重し、研究の自由で創造的な発展をめざします. 題も絡んで、戦前の日本マルクス主義者の間でなされた論争。1933 年頃から.

<日本のマルクス経済学の学派> 日本資本主義論争(講座派vs 講座現代経済学批判 現代経済学と現代 労農派) 日本の資本主義の現状・性格規定をめぐって、また日本における革命戦略の問. マーシャルが基礎を築いた新古典派経済学は、ミクロ経済学として発展を遂げます。ミクロ経済学は、消費者、生産者の希少な資源の最適な分配について研究する学問です。 少し難しい言い方ですが、我々個人は、お金をどのように使うのが最適なのか?また企業は、製品をどの程度作り供給すれば最適なのか?を研究する学問だということです。 つまり、「需要曲線と供給曲線が交わる点が最適価格である」というアダム・スミスの見えざる手が基礎となる理論を、より詳細に分析し解明していこうという学問です。 経済学を勉強した方は、必ず見たことがある上記の「需要曲線」と「供給曲線」ですが、そもそもこの曲線はアダム・スミスが唱えた「価格が見えざる手によって自動で調整される」ことを論理的に説明しています。 需要曲線と供給曲線が交わる点が、均衡価格となるよう、調整されるという「市場の価格の自動調整機能」を説明しました。 ちなみにミクロ経済学の需要曲線と供給曲線の導出方法については下記のリンクで詳しく解説しています。. MMT(現代貨幣論)は、とんでもない経済学として批判を浴びています。しかし、経済学の大きな流れを見れば、そこまで突飛な理論でないことを理解できます。 経済学の大きな流れについては、下記のリンクで詳しく解説しています。 経済学は、大きく3つの流れが存在します。 順番に各経済学の主流派閥について解説していきます。. ケインズの主張を「マクロ経済学」として体系化していきました。マクロ経済学では消費者個人ではなく、より大きな3つの市場を分析する学問です。1つが「財市場」、2つ目が「貨幣市場」、3つ目が「労働市場」です。 GDPという考え方は、マクロ経済学から生まれています。国全体としてどれだけ生産が行われているのかという、より大きな市場に研究対象が移っていきました。 マクロ経済学について詳しく知りたい方は下記のリンクで詳しく解説しています。. パン工場の経営で「今よりもっと儲けたい」と考える資本家は、どうすればいいでしょうか。つまり、剰余価値を増やす方法を考えてみましょう。 簡単に増やそうと思ったら、労働者の賃金はそのままで、工場の稼働時間を今より伸ばして、労働者を今よりも長く働かせればいいのです。そうすれば、今まではパンを1日に1000個しかできなかったけれども、1200個、1500個と製造数が増えますから、剰余価値も増えます。 このようなアプローチを「絶対的剰余価値生産」と言いますが、これは(いうまでもないことですが)上手なアプローチではありません。 なぜなら、1日は24時間しかありませんから、いつかは剰余価値が上限に達してしまい、それ以上は打つ手が無くなります。しかも、労働者は労働時間が長くなれば不満を持ちますし、ストライキをしたり、みんなで一斉に退職してしまうかもしれません。 そこで、もう少し現実的なアプローチが必要になります。. マルクス経済学は、まず「商品」の価値を考えるところから始まります。商品の価値には2つの側面があるのです。 1つ目は、その商品を使ったり所有することで満足する、ということに価値を見出す「使用価値」です。 パンを食べて食欲を満たすとか、鉛筆で何かをメモしたり、アクセサリーを身に着けることで着飾るような価値のことです。 Sponsored Link もう1つは、その商品を他の何かと交換できる、ということに価値を見出す「交換価値」です。 例えば、わたしの持っているパンと、あなたの持っている鉛筆を交換する場合、お互いにとって、パンと鉛筆の「価値」が等しいから交換が成り立ちますよね?でも、パンと鉛筆の使用価値は等しくありません。鉛筆を食べることはできませんし、パンではメモすることもできません。 つまり、パンと鉛筆の交換が成り立つのは「交換価値が等しい」からなのです。そして、「使用価値が等しくない」からこそ交換する必要がある、とも言えます。.

近代経済学の主流をなす 「理論」の根元的批判 新古典派経済学は現代の形而上学である。この経済学の取り扱う諸概念、経済的カテゴリーは、現実の市場経済に対応したものではない。理論の個々の部分だけでなく理論の全体が現実の市場経済と無縁である。. MMTに対しては、多くの経済学者たちが批判しています。 例えば、経済学でノーベル賞も受賞したクルーグマンは下記のように批判しています。 次は、パウエルFRB議長の批判です。 著名な経済学者ロバート・シラーさんの批判です。. MMTは、国はいくらでも借金して良いと言う理論ですが、国は借金をして何をしているのでしょうか? 国は、国債を発行して通貨を獲得して、財政政策を行なっています。財政政策とは、公共事業を行なったり、社会福祉を充実させたり、補助金などを出すことで、経済を刺激することです。 例えば、政府の支出で公園や高速道路を作れば、建設業の雇用が生まれます。 政府が積極的に支出を増やして、公共事業等を行えば、多くの雇用を生み出し、景気が上向かせることが可能です。. ラジオ第2放送 毎週 月曜日 午後7:50〜8:10. 東洋学園大学の公式サイト。 各回の演題は、講師の方々にお任せしておりますが、本年度は、年間テーマを「チャレンジ ~ニューノーマルを見据えて~」として、さまざまな業界・企業の経営者を招いてお話を伺います。. 新古典派経済学の批判 現代の形而上学 新装版 オンデマンド:こだわりの本やコミックをきっと見つけられるヤマダモール。. 「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊. 古典派経済学は、現在の経済学とは程遠い思想的な考え方の寄せ集めのようなものでした。マーシャルはそのような経済学を「暇つぶし」だと批判します。 彼は既存の経済学を「数学」を用いて体系化し、実体経済に適用できる「使える経済学」へと押し上げました。彼以降の経済学は「新古典派経済学」として大きな発展を遂げました。 彼の大きな功績は、価格の決定メカニズムを解明したことです。我々がミクロ経済学で習う需要曲線と供給曲線が交わる点で価格が決定するという「一般均衡理論」を初めて説明しました。長らくマーシャルの経済学原理という著書は大学の教科書として用いられました。マーシャルについて詳しくは下記のリンクで解説しています。 古典派経済学と新古典派経済学の大きな違いは、商品価格の決定についての考え方です。 古典派経済学では、商品は投下した労働によって決まると考えていましたが、新古典派以降では商品を購入した際に得られる満足度(効用)によって決まると考えました。これを「限界革命」と呼び、経済学は大きな飛躍を遂げることになります。.

最近発展してきた経済学の考え方として「行動経済学」があります。 行動経済学では、人間は多くの「非合理」な意思決定を繰り返していると説明します。例えば下記のような例が挙げられます。 あなたは、鰻屋さんに行きました。メニューは下の通りです。 あなたはどれを選びますか?多くの人は予算に合わせて「並」を選択するでしょう。 しかしもしメニューがこのような形ならどうでしょうか? 前よりも圧倒的に「上」を選ぶ人が多くなります。これは実験によっても証明されています。 人々は「合理的に」選択していると思っていても、その多くが「そうではない」場合が多いのです。下記の記事では行動経済学の事例を多く解説しています。. 秋期講座では、経済学を一からまた学んでみたいという方向けに、中央大学経済学部教授 瀧澤弘和を講師に、「現代経済学」-新しい流れを取り入れた経済学再入門-と題して3回の講座を開講いたします。. 古典派経済学は、「個人」や「個企業」など小さな単位の行動に注目した学問でした。とりわけ市場に任せておけば価格は自動で調整されるという考えのため、極端に言えば「自由放任」にしておけば良いという考え方でした。 そのような中で、マルクスは、市場に任せておいては格差が広がり、やがて社会が崩壊すると説きました。 現代でもピケティが「21世紀の資本」と呼ばれる格差論を展開しベストセラーとなりましたが、このような資本主義の問題をマルクスは予言していたのではないか?として再度「資本論」を見直す動きがあります。.

講座現代経済学批判 現代経済学と現代

email: xawetabe@gmail.com - phone:(358) 564-4803 x 8659

これからの退院支援・地域移行 精神科臨床エキスパート - 水野雅文 - 愛の魔法 バーバラ

-> 香山雅代詩集 - 香山雅代
-> 緋色を背景にする女の肖像 - 阿佐見昭彦

講座現代経済学批判 現代経済学と現代 - 日本結核病学会 結核診療ガイド


Sitemap 1

おかずレパートリー 胆石・胆のう炎・膵炎 食事療法おいしく続けるシリーズ - 加藤眞三 - 世の光として輝くために